03-3811-3221

営業時間 10時〜20時

お問い合わせ

BUNKYOU 安心、便利な文京区で快適な暮らし、始めませんか?

BUNKYOU 安心、便利な文京区で快適な暮らし、始めませんか?

Pick Upスタッフおススメ物件

文京区不動産.comは、文京区の賃貸・売買マンションに特化した、地域密着の不動産情報サイトです。文京区の賃貸・売買マンションや一戸建て、土地について日本一詳しく解説。スタッフが現地取材した、物件紹介記事を毎日更新中!

物件の外観・お部屋の中の様子から周辺環境まで、全物件で写真30枚以上、動画も掲載していますので、実際に内見に行ったような感覚になっていただけると思います。

区内の物件の取材に毎日行っているからこそ、文京区のマンション、一戸建て、土地についてどこよりも詳しいスタッフが、貴方の理想の物件探しをお手伝いをさせて頂きます。内見のご希望や、文京区の賃貸・売買不動産物件に関するお問い合わせは、お気軽にご連絡下さい。

Infomationご案内

誠に勝手ながら、12/28(土)~1/5(日)は正月休業とさせていただきます。新年は1/6(月)から通常通り営業いたします。正月休業の間に頂きましたメールでのお問い合わせにつきましては、1/6にご対応させて頂きますので、予めご了承下さいませ。

New新着物件

店舗のご案内店舗のご案内

MERIT文京区に住む7つのメリット

01東京の中央だからアクセス良好

ほぼ全域が山手線の内側にある文京区。どこに住んでもほぼ確実に徒歩圏内に駅やバス停があり、「中央・総武線」、「千代田線」、「丸ノ内線」、「南北線」、「大江戸線」、「三田線」など、都内を縦横に走る路線が利用できます。
例えば「後楽園駅」からなら、乗り換えなしで「東京駅」まで9分、「池袋駅」まで8分、「新宿西口駅」まで14分で行くことができます。
もし終電がなくなっても、タクシー料金は東京駅からで2,000円ほど。
直行直帰が多い方や、勤務地が頻繁に変わる方、ご家族で通勤・通学地が異なる方など、一度文京区に住んでしまうと他の場所は考えられなくなるほど便利な立地です。

02最高の教育環境

文京区という名前の由来は「文の京」、つまり学問の中心都市という意味。
日本の最高学府「東京大学」は言うまでもありませんが、「お茶の水女子大学」「日本女子大学」といった女子大、「順天堂大学」「日本医科大学」といった医大があります。
また「誠之小学校」など区立小学校の教育レベルが高いことでも知られ、お子さまを希望の小学校に通わせるために、お住いを学区で決める方も多くいらっしゃいます。
「教育の森公園」や「礫川公園」、「目白台運動公園」などお子さまが遊べる公園も多く、子育ての環境として最適と言えるでしょう。

03都内一の安心・安全

文京区の犯罪発生率は、東京23区でも最低です(警視庁発表)。
理由として交番が多いこと、学校が多く警察やボランティアの防犯パトロールが頻繁に行われていること、繁華街・歓楽街がないことなどが挙げられます。
そのため、小さいお子さまや女性、一人暮らしが初めての学生の方も安心してお過ごしいただけます。
また医大が多い関係から「順天堂医院」「東京医科歯科大学附属病院」「東京大学附属病院」など病院が多いのも特徴です。
現在通院が必要な方はもちろん、ご家族の老後のことなどを考えても、心強い環境です。

04生活に彩りを添えてくれる自然

江戸時代に武家屋敷が多かったことから、今でも庭園が数多く存在する文京区。「小石川後楽園」や「小石川植物園」、「六義園」、「新江戸川公園」、「椿山荘」など、日本有数の庭園を近所の公園感覚で散策できるのも文京区民の特権ですね。
また街路樹や植え込みが多く、区花であるツツジやアジサイなど、普段の生活にさりげなく彩りを添えてくれます。
イベントも多数開催されており、播磨坂の「さくらまつり」、根津神社の「つつじまつり」、白山神社の「あじさいまつり」、湯島天満宮の「菊まつり」「梅まつり」の「文京花の五代まつり」は毎年多くの人が訪れます。

05歴史と文化を身近に感じる街

文京区弥生は「弥生時代」の由来となった弥生式土器が発見された地。太古の人々が本能的に「住みやすい」と感じ、有史以前から人々が暮らし続けてきた場所なのです。
江戸時代には寺社が多数築かれ、「根津神社」や「白山神社」、「湯島天満宮」、「護国寺」、「伝通院」など歴史を感じさせるスポットが残っています。
また近世の文豪が数多く住んでいた文京区には、「夏目漱石」や「樋口一葉」、「石川啄木」、「森鴎外」などの旧居や、小説に出てくるゆかりの地が点在しています。

06驚きと発見がある文京区名物「坂」

単に傾斜が多いだけでなく、「名前のついた坂」、が都内一多いと言われる文京区。それぞれの坂に由来や特色があるということです。
例えば森鴎外・二葉亭四迷・江戸川乱歩などの近代文学作品に数多く登場する「団子坂」、日中でも薄暗い「幽霊坂」、春には約120本のソメイヨシノが咲き誇る都内屈指の花見スポット「播磨坂」、他にも「きつね坂」「むじな坂」「鼠坂」「蛙坂」「牛坂」「猫又坂」なんて動物シリーズも…。毎日なにげなく通っていた坂も、調べてみると以外な秘密が。日常の中に面白い発見があるのも、文京区に住む楽しみの一つですね。

07週末は家族みんなで楽しめる

文京区のランドマーク「東京ドーム」では野球観戦やコンサートが楽しめます。イベントの日は最寄り駅が大変混雑しますが、文京区在住ならお散歩感覚で立ち寄れます。
その横にはスパや遊園地・ショップなどの複合移設「ラクーア」もあり、ご家族みんなで一日中遊べます。
また「弥生美術館」「東洋文庫ミュージアム」「日本サッカーミュージアム」「水道歴史館」といった美術館や博物館、谷根千エリア・播磨坂周辺のオシャレなカフェなどは、デートスポットとしてもおすすめ。
さらにお隣の台東区まで足を伸ばせば「上野公園」に「アメ横」、「谷中銀座」もございます。文京区に住めば、遠出しなくても週末を楽しく過ごせますよ!

新着賃貸物件

新着売買物件

店舗のご案内店舗のご案内

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせ
売買無料査定売買無料査定